ツイート
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛 バイク乗れない 姿勢

腰痛バイク乗れない

腰痛 バイク乗れない 姿勢が悪い?

低いセパハンのレーサーレプリカは地獄だと思います。
体が柔らかくて、膝、太ももでホールド出来る人は良いですが、そうでない人は両腕に全力で体重が掛かり、それを抑えるためにヒップポイントで乗ろうとします。
レプリカの乗り方では無いので、次第に腰に来ます。

ブレーキレバーの調整
レバー、ペダルも自分に合わせる
ブレーキレバー、クラッチレバー、リヤブレーキ、シフトレバー、この4つは乗車した手足の角度に応じて調整します。
直線を走っていて、ブレーキを掛ける状態を想定して下さい。
フルバンクの時のポジションではありません。


何はなくてもアップハンに分厚いシート!
腰痛になり難い車種は?
自分で乗ってみて思ったのは、アメリカンだからシートが分厚くて快適とか、ビッグスクーターだと前屈姿勢にならないから良い、とかは違う、という事です。
逆に、アメリカン、ビッグスクーターはお尻で支える様なポジションなので、一歩間違えると危険です。
オフロードバイクや、スーパーフォアの様な自然なライディングポジションのバイクの方が体が立って良いです。

シューズがダメなら全てダメ!
走行中にどこでバイクと体を支えているか?
バイクに乗っている時に、足の裏でステップにしっかり体重が乗っている、安定したシフト操作が出来る事は大事です。

例えば、鉄棒やジャングルジムなどのパイプの上に立つ時に、土踏まずで立つはずです。
それが一番バランスが良いから。
でも、バイクに乗る人はお尻で体重を支えて、足はおまけみたいになっている人が多い様に思います。

おそらく、「背中を丸めて上目遣いで乗る事がかっこいい」という部分にこだわり過ぎているのでは無いでしょうか?
まずは疲れない、腰に負担を掛けない乗り方が先です。

走っっているライダーを見て事細かくライポジを分析する一般人は存在していません。
あなたが楽に乗れるポジションで乗ることが一番です。
裏がツルツル滑る物はダメです。

足の裏とお尻、太ももがメインです。
ハンドルはあくまでも舵取りに手を添えている程度にしましょう。
町乗り、近場のツーリングであれば、下半身グリップがしっかり出来ている人は上半身が一切疲れません。

お尻から下はバイクと一体化して、そこから上は衝撃を逃がす様にしていないと、下半身グリップが無い為に、全部を腰と両腕で支える様になります。

続きはこちらのページです→腰痛 バイク乗れない 乗車姿勢を考える

>>腰が痛くてバイクに乗れない!!<<

腰痛 バイク乗れない


TOPページ 腰痛 ヘルニア 腰痛 乗車姿勢 腰痛 状態 サイトマップ
 ツイート