ツイート
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛 バイク乗れない 乗車姿勢

腰痛バイク乗れない

腰痛 バイク乗れない 乗車姿勢を考える

ライディングフォームで何とかなるの?
ライディングフォームは大事ですが、足腰のホールド、両腕をフリーにする事で、人それぞれライポジは違うはずです。
かっこいいライポジで乗りたい、雰囲気が大事なのは分かりますが、格好良くなくても、自分にとって楽だったらそれでOKです。

負荷を掛けない
腰に付加を掛けない、どの状態が一番楽なのか?
骨はどういった体勢の時に痛みを感じないのか、これも部屋で事前に考えてた方が良いです。
猫背では無く、ヘソを前に突き出す事

背中は猫背じゃなく、真っ直ぐでも構わない。
無理して猫背で乗り続けると、腰の痛みを悪化させます。
どう見られても良いので、腰を守る乗り方に変えましょう。
多くの早いライダーが「骨盤は起こして乗る」と言っています。

猫背の状態では腰に掛かる負担が3倍に
猫背ポジションはもう忘れましょう。
ハンドルを手前に持ってきて、タンクギリギリの位置に乗って、体が立つように乗ることが腰痛を抑えるポイントです。

続きはこちらのページです→腰痛 バイク乗れない 下半身の状態

>>腰が痛くてバイクに乗れない!!<<

腰痛 バイク乗れない


TOPページ 腰痛 ヘルニア 腰痛 乗車姿勢 腰痛 状態 サイトマップ
 ツイート