ツイート
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰痛 バイク乗れない 状態

腰痛バイク乗れない

腰痛 バイク乗れない 下半身の状態

ハンドルクランプの下駄を履かせ、更に絞ったハンドルに変更
ライポジのバランスは体型に合わせて、身長が低い、手が短い、そんな方はハンドルを手前に持って来る事をおすすめします。
その姿勢で安全運転して、下半身でホールドする様にしてギックリ腰も防ぎましょう。

スポーツ用の幅広ベルトをホームセンターで購入
ホームセンターで購入した腰部を固定する腹巻きみたいな幅広ベルト。
これが最高でした。
下腹部から腰回りがしっかり固定されて、本当に力が入ります。

このベルトを付けて、腰回りを固定すれば、足に力が入りますし、背中が真っ直ぐになります。
注意点は、立ったまま装着すると、ライポジの時に下腹部が苦しくなります。

立った時はお腹の肉が伸びているので、椅子に座って装着するのも良いと思います。
ただ、最近の物は横がゴムが入っているので少々は大丈夫です。

実はシューズとベルトでほぼ解決!
そして、シューズが滑るものだと何もかもダメです。
足がグリップしなければ、他の場所に負担を掛けてしまいます。

ノンスリップ安全靴位にグリップしてくれると、下半身が安定してグラグラしなくなります。
更にスポーツ用のベルトを負けば、しっかり腰回りが固定されるので、びくともしなくなります。
そしてヘソを突き出して、骨盤を前に出し、両手は自然に伸ばした位置にハンドルが有ると完璧です。

続きはこちらのページです→腰が痛い

>>腰が痛くてバイクに乗れない!!<<

腰痛 バイク乗れない


TOPページ 腰痛 ヘルニア 腰痛 乗車姿勢 腰痛 状態 サイトマップ
 ツイート